ふぃうさんの成長日記

今日も頑張って生きてます。多分。。。

『超特殊許可』天眼タマミツネをブシ双ソロ(オトモ無し)で狩ったので考察??【mhxx】

どうも、ふぃうです。天眼ソロ狩り【超特殊許可】


f:id:kurumyyyy:20170622015115j:plain:w500

やりました!あぶね〜

いつも30分を過ぎるあたりで、乙るんですよ。集中力の問題かな←ただの下手くそ定期

火力装備で、攻撃力up飯、鬼人薬グレートでバフをかけてこの時間・・・(おそらく自分の立ち回りの問題)

まぁ、冠ついたのでよし。



オトモがいなければ、タゲが自分にしか向かないので、ソロだと戦いやすいんですよね。個人的な立ち回り方や、天眼タマミツネに関して書こうと思います。

【超特殊許可】天眼タマミツネについて

モンスター/天眼タマミツネ - モンスターハンター大辞典 Wiki*

モンスターハンター大辞典Wiki様より、個人的に大事だと思うことをピックアップしつつ話していこうかなと



特徴

ある意味で天眼タマミツネの最大の特徴と言えるのが、それぞれに大小の傷を持つ両目である。

そう、両目に傷がある。つまり閃光玉が効かないんですよね。ハメれません(自分はふぉむさんに指摘されるまで気づかなかった・・・)

さらに、超特殊許可の天眼の戦場は”霊峰”。罠が使えません

さらにBCにもどるにはモドリ玉が必要なので、ソロでもマルチでもモドリ玉が調合分必須なのではないでしょうか

最初の内はどれだけ攻撃されようがダメージの蓄積によって天眼状態になることはない。
ではどうしたら天眼状態になるのかというと、それはこちらが泡やられになった時。
もちろん、泡状態が付加されている肉弾系の攻撃を喰らえば、その瞬間天眼状態になる。

これ、戦ってるうちに気づいたんですけど、泡状態にならなければミツネさんも天眼状態にならないんですよね。逆に泡状態になった瞬間に天眼状態にしてしまうので、スキル「泡沫」でこちらが勝手に泡状態になれば、天眼状態になってしまいます。

しかし、天眼状態にならなければ肉質が硬いままなので、そこは考えるべきですね。天眼状態になるとめっちゃ暴走するけど、斬れる





俺なりの立ち回り方

 正直立ち回りなんて、人それぞれなんですよね。「じゃあ何でこんなこと書いたんだ(怒)」

って言われましても、武器もスタイルもみんな使いやすさは違いますし、知りませんよ(困)


ただ、個人的な立ち回りとして、尻尾の切断を最優先するべきだと思います。何にせよ超特殊許可なので、尻尾を切断して少しでも事故を減らすことが大切です

これだけ

攻撃の避け方に関しては、文章で説明するのは難しいし、実際にソロでやってみるのがいいと思います(勝てなさそうなら、リタイアで)。

3回ほどやれば、モーションが似ているあの2種類の大技の区別ができましたし、事故も減りました。



大ダメージを受けたときは基本的に撤退(モドリ玉)

大事です。特にソロなら・・・

戦ってると、意外とスキは多いんですよね。そのスキを狙って、狩技ドリンク・強走薬などを飲むのはいいんですが、大ダメージを食らったときは戻った方が吉です。

理由として、「完全に相手のターン」「落ち着く時間になる」が挙がりますね。攻撃を食らって逃げ回って、かろうじて回復できても、そこからベストな状態にもっていくのって大変じゃないですか?戻りましょう。

こまめに回復も忘れず(主にマルチ)


困ったときはブシドー双剣

これ、しっかりと裏付けがありまして、双剣はブシドー回避した際に任意の方向にスライドパットを倒す、または何もしなければ、自動的に2回、ステップを行います。この自動ステップの間も無敵状態が継続します。これがウマい。天眼の2連続でしてくる攻撃で、双剣以外のブシドーなら、大抵1回目の攻撃を食らうと2回目が当たったりするんですよね。それが避けられます。

マルチのときは、火力<<<<生存

何か書くのがめんどくさくなってきた。これは常識なのでは?とにかく死なないようにしような。

あまり突っ込みすぎないで慎重にいき、こまめに回復しとけば大丈夫。


まとめ?「装備紹介」

もう書くのに飽きました。

とりあえず

  • 尻尾優先
  • ダメージ食らったらモドリ玉
  • 調合分忘れず
  • こまめに回復(主にマルチ)
  • 練習あるのみ(ソロ)


自分でも行けたので、大丈夫です


頑張ってください。



僕のスキル構成です

f:id:kurumyyyy:20170622182633j:plain:w500


怒ってくれた方が、やりがいがあって楽しいし、天眼状態になることが多いので、雷属性の武器を使いました。通常時なら龍属性の方が効くそうです(あれ?これ重要じゃね?)


では。。。